築40年の家が売れた話

子供が社会人となり夫婦で慎ましい老後を送っておりましたが、その子供が念願の2世帯住宅のマイホームを購入したとのことで、一緒に住むことに決めました。

 

老夫婦だけで暮らすにはいささか不安に感じていたのでとても嬉しかったのですが、問題は今住んでいる古い家をどうするのかという問題でした。

 

中古の家でも売ることが出来るのは知っておりましたが、私達の家は築40年の古い家です。

 

俗にいう古民家のような立派なものではなく、普通の家ですので外壁や屋根などの外側も、水回りや壁紙などの内側もあちこち傷んでましたので、これは取り壊さないとだめなのかと思っておりました。

 

スマイル

意を決して不動産屋さんに相談した所、問題になる場所をリフォームすることでまだまだ十分使えますとのアドバイスを受け、見積を出してもらってからリフォームを実施しました。

 

リフォームは短期間で終わり、築40年の家がまるで新築時と同じように綺麗になり、水まわり等は当時よりもはるかに機能的な物に生まれ変わりました。

 

そのお陰で自分が売却しようと思っていた価格よりも若干高めに売ることができました。やはり不動産の売却に関しては個人で悩まずに専門家に直接お願いしたほうが確実ですね。