不動産Q&A

家を売ると税金はどれぐらいかかりますか?

家や土地といった不動産の売買をすれば、売った側にも買った側にも共に税金がかかってくるのです。

 

家

この場合、家を売るということは、その家を誰かに譲り渡すということになるので、その譲渡の報酬というものが入ってくることになります。

 

この譲渡による報酬のことを、所得税法では譲渡所得と呼んでいるのですが、この譲渡所得に対して税金がかかってくることになるのです。

 

とは言っても、この譲渡所得というものは、家を売った売却代金に丸々かかってくるというわけではなく、入ってきた売却代金から、家を売るために必要となったコストを差し引いたものにかかってくる、というようになっているのです。

 

では、この家を売るために必要になったコストとはどんなものなのかと言えば、まず、その家を入手するためにかかったコスト、そしてその後に家を維持するためにかかったメンテナンスのコスト、さらには、家を売却する際に、取引を仲介してもらった不動産業者に支払う手数料、といったものを合わせたものになるのです。

 

これが取得価額と呼ばれるもので、家を売った売却代金からこの取得価額を差し引いたものに対して、譲渡所得としての税金がかかってくる、というようになっているのです。